声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

CV / Works / Projects

CV Japanese / English Works 2019- 倉賀野駅前の別棟 / Kuragano Annex 2019 「アルヴァ・アアルト 内省する空間」展 / Exhibition "Alvar Aalto Introspective Space" 2019- 眼の家 / House in Screen 2018 倉賀野駅前の外構 / The Garden in Kuragano 201…

JAN.10,2020

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H

JAN.6,2020_棒馬について / 抽象化のふたつのモデル

『棒馬考』と題された、エルンスト・ゴンブリッチ(1909 - 2001)によるちょっと変わった論考がある。1951年に発表されたこのテキストは表題の通り「棒馬」について考察したもの、なのだけれど、そもそも棒馬(hobby horse)って何って話だ。棒馬とは文字通…

JAN.1,2020_明けました

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。 2019年はアアルト展の会場構成をしたり、倉賀野のプロジェクトの設計を進めたり、SDレビューで展示をしたり、書評を書いたりしていました。あともう2本、10-11月頃に書いていた論考が今…

DEC.29,2019_プロフィール写真

ここ2週間くらいで7回ほど忘年会があった。どこか特定のところに所属せずふわふわいろんなところに顔を出しているから、ということもあるかもしれないけれど、毎日のように飲み会があった週だった。人間関係が狭い自分としてはめずらしい。初めて会う人、久…

DEC.28,2019

最近の写真 PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H

DEC.25,2019_70年代の長谷川逸子

クリスマスだか特に予定もないので大学の図書館でひたすら過去の新建築を見るなどして過ごしていた。博論をまとめる前に作品サンプルの取りこぼしがないか最終チェックをしようということで、あと25日で大学の図書館が年末年始休業に入っちゃうということで…

DEC.23,2019

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H

DEC.21,2019_エリー・モサエビ

エリー・モサエビさんという女性の建築家がいて、最近すごく気になっている。というのもETHZ(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)のモサエビさんのスタジオ成果物のクオリティがやばくって。彼女のことは佐伯(達也)さんに教えてもらって知ったんだけど、…

DEC.20,2019

最近知ったんだけど、お味噌汁にひきわり納豆を入れるとおいしいんだよ。うそだーって思うかもしれないけど、真実(マジ)なんだよ。いや、正確にはお味噌汁によく似たとろみのある別のスープになるかんじなのだけど、、。オクラや卵も一緒に入れると、グッ…

DEC.17,2019_最近の音楽②

前回からのつづきです。今回は軽めに。 www.ohmura-takahiro.com ○ Jeff Denson / Between Two Worlds △ Jeff Denson: b, Romain Pilon: g, Brian Blade: ds, Ridgeway Records, 2019.10 ベースのジェフ・デンソンのリーダーアルバム。デンソンはほとんど知…

DEC.16,2019_最近の音楽①

半年に一回くらいやってる最近聴いてる音楽の報告回。1回でまとめようと思ったのだけど、予想以上の分量になっちゃったので明日と今日でわけます。 - ○ Kurt Rosenwinkel Bandit 65 / Searching The Continuum △ Kurt Rosenwinkel: g, voice, electronics, T…

DEC.10,2019_一号棟の再改修

同期の堀越一希が自主施工したリノベ物件(坪単価15万!!)を見に、千葉県富里市へ。見学会というか、飲み会も兼ねて……という感じで。成田駅から車で15分くらい?だったかな。詳細は堀越のHPで確認してみてください。 www.kazukihorikoshi.com 内装だけでは…

DEC.6,2019

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H

DEC.5,2019_血

一昨日、日仏会館でペドロ・コスタの『血』(1989)をみてきた。『血』はDVDでみたことがあったので他の回を予約したかったんだけど、黒沢清監督との対談が予定されていた「溶岩の家」は開始5分で満席になったらしい。まあスクリーンで見れるのはいいかとポ…

DEC.1,2019_古代ギリシアのイメージ

久しぶりにアレントの『人間の条件』を読み直しているのだけど、素晴らしすぎて感動してしまった。これほど聡明な人がかつて地球上にいたのだということは、なんというか、救いに近いものがある。こういうテキストをするりと原著で読める語学力がほしい(ド…