声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨Takahiro Ohmura

SEPT.23,2020_藪を歩く

昨日は4連休の最終日だったが、とくに遠出をすることもなく、一昨日の夜に見たTENET(ノーランの最新作)のことを考えていた。ナイトショーで見たのだけど、帰ったら疲れてぱたりと寝てしまったものだから、起きてから、目まぐるしいくらい、この映画のこと…

SEPT.21,2020

おどろくほど快適な気候で、いちど9時くらいに目が覚めたが、暑いとも寒いともいえないような、どちらかというと涼しいようななんとも言えない心地良い気温のなかでは起きる気がわかず、再び寝た。 12時ごろにようやく起き上がり、睡眠のあいまにせっせとメ…

SEPT.17,2020

べつに、それほど大きな変化をこうむったわけでもないと思うのだが、掃除を終えた翌日の自分の部屋は、以前とはまったく違ったふうに見えた。それは一階のはなしで、二階はあいかわらずのはちゃめちゃさで(段ボールの残骸、貼り散らかしたテクスチュア、木…

SEPT.15,2020

展示の準備が終わり、少しずつ日常を取り戻している。 作品の撮影現場になったので、それはもう悲惨な状態になっていた我が家を、今日はとりあえず一階だけ掃除した。床とテーブルのゴミを分別して、プリンターを定位置に戻し、本を少し片付けて、燃えるゴミ…

SEPT.13,2020

朝っぱらから活動しているので、ずうっと眠い。 昨日は展示の初日だったのだけど、映像の不調を知人に報告してもらったので(おおいなる謝謝を君に...)、その真相をたしかめに、今朝は早くから上野駅にいた。ぼくらの展示は、駅の構内のスペースで、朝7時か…

SEPT.12,2020_ 私室の外観

上野駅Breakステーションギャラリーにて、本日から11月12日まで、奥泉理佐子・添田朱音との共同で展示をおこなっています。開かれた共同の枠組みを試行する彼女らのプラットフォームに、今回はぼくがゲストとして参加したようなかたちです。 場所はちょっと…

SEPT.1,2020_表面について

季節というやつはとてもまじめな性格をしているらしく、日付がちょうど9月に入った今日の深夜から朝方にかけて急に涼しくなって、秋の訪れを感じる日となった。今年は信じられないくらい時間がすぎるのが早いのだけれど、これは自宅で過ごす時間が長いからな…

AUG.28,2020

たまたま多摩川の河川敷に立ち寄ったら視界が突然ひらけ、風がびゅーっと吹いていて、遠くて少年たちが半裸でサッカーをしているということがあった。徐々に日が落ちて、視界が青くなり、電車の窓から漏れる光にも、青いところと青くないところがあるという…

AUG.24,2020_動画の練習

AUG.21,2020_かけがえのなさの由来

おそらく、家はそこに住む一人一人の心の投影を受けて、初めて家として成立する。またそのようにして成立した家のイメージが、そこに生きる一人一人を見えない光線で照らし出し、その行動に不可視の規範をあたえ続ける。 中平卓馬「家・写真──二重の過去の迷…

AUG.15,2020_デジカメと熱海

先週の日曜のことだけど、熱海の教授の別荘に遊びにいってきた。後輩ふたり(元ゴルフ部)も一緒だったのだけど、翌日の月曜日の朝7時くらいから3人はゴルフにいってしまった。ぼくはゴルフはできないし(というか球技全般ができない。ゴルフはたぶん球技な…

AUG.13,2020

今回の論文の再査読は本当のガチのまじでたいへんだったが、無事に提出することができた。よかった。コロナの影響で4月から5月にかけて大学に入校できず、解析ソフトの入ったPCや研究室においてきちゃった資料がまるごと使えなかったので日本建築学会に相談…

AUG.10,2020_鳥ら

歩いている。 探してる。 食べてる。 話してる。 (論文の再査読の〆切が今週までなので、かなり焦っています。)

AUG.7,2020_郊外の王

ちょっと油断するとまじで死ぬんじゃないかというくらい、日中はあつい。これまでは日陰で窓を開けていればなんとかなったけれど、最近は窓を開けてもただ熱風が入ってくるだけで、どうにもならない。2年以上育ててきているアジアンタムも一日で一気に枯れち…

JULY.31,2020_タンネラウム

「タンネラウム」(Tanneraum)という、水天宮にあるパン屋の倉庫兼絵のギャラリーについて語らう場にお呼ばれし、話してきました。タンネラウムを運営する佐藤熊弥くん、設計の板坂留五さん、美術家の奥誠之さんと黒坂祐さん、というメンバーになぜか僕がま…

JULY.28,2020

夜の写真。

JULY.25,2020_やさい

市街化調整区域という、建物を建てるのがすごく難しい(めんどくさい)地域に家が建っているので、まわにには竹林とか畑とか、放置された空き地とかしかない。そういう意味ではちょっとだけ寂しい感じはあるのだが、たまに、となりの畑を管理されてるNさんご…

JULY.24,2020

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, KODAK Portra 400

JULY.23,2020_日本沈没

湯浅監督の「日本沈没2020」、様子見の気持ちで一話を見たら、そのままずるずると全話見てしまった。ネットフリックスでいきなり公開される系の作品、ハマると一気に時間が溶けちゃうので困ったものだと思う。ただし、おもしろければ、だけれども(「7SEEDS…

JULY.19,2020

以前住んでいたアパートの退去の立ち会いなどもあり、柏へ。ちょっとした旅くらい遠いなと思って調べてみると、ちょうど富山の実家から金沢くらいまでの距離があった。感覚としてはたしかに遠いけれど、旅行までは行かない感じ。2時間かからないくらいだから…

JULY.17,2020_あたらしく住んでいる場所について

引っ越しも終わって、生活が少し落ち着いてきた。まだ一週間も経っていないのだけど、広いとそれだけで快適だなというのが今のところの感想。モノの居場所がちゃんとあるというか、適当に置いても気にならないというか。前回が手狭なワンルームだったから、…

JULY.8,2020

引っ越しの準備を進めているが、なかなか難しい。今の部屋はとても狭いので、荷造りをするにも順番が大切になるからだ。油断すると身動きがとれなくなってしまう。それと、ダンボールに本を詰めていると買ったものの読むのを忘れていた小説なんかを発見した…

JULY.5,2020_泣きそう

昨日は久しぶりにお酒をたくさん飲んだ。楽しかった。帰宅してから泥のように眠って、10時くらいに起きて、たぶん8時間くらいは寝たのだけど、それでもまだとても眠かった。でも11時から歯医者なので、やれやれ行くかと思って準備をしていると、机のうえのコ…

JULY.4,2020

Contax S2, Carl Zeiss Planar T* 1.7/50, Kodak Color Plus 200

JULY.2,2020_ぴよぴーよ

Youtubeのぴよぴーよ速報というチャンネルがおもしろかった。歴史や哲学を小学生にもわかるように解説している動画チャンネルなのだけど、気の抜けるようなBGMや解説の糞ボイスにも関わらず驚くほど知性を感じる動画の作りになっていて、ついつい一気見して…

JUNE.30,2020

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H

JUNE.28,2020

とつぜんのことだが、今月の半ばくらいに引っ越すことになった。こないだのブログで引っ越したい的なことを書いた直後だったので、なんか言っとけばチャンスは巡ってくるものなのかな、とか思ってしまった。最近、本屋の怪しいスピリチュアルのコーナーには…

JUNE.27,2020_パーカーを乗り越えて

前回からの続きを気合で書いてみるの回。 www.ohmura-takahiro.com マイルス・デイビスに限らず、アート・ブレイキーも、ソニー・ロリンズも、バップの複雑化運動とその限界には早々に気がついただろう。けれどマイルスが突出していたのは、それこそ「コード…

JUNE.20,2020_チャーリー・パーカーという謎

最近あらためてチャーリー・パーカーを聴いてるんだけど、やっぱりこの人の演奏変だ……ヤベえ……となっている(何をいまさら!って感じだけど)。きっかけはジャズの歴史の流れが自分の歴史観のベースになっている、みたいなことを友人に話したことだった。な…

JUNE.16,2020_西深井の左官

友人の堀越一希が設計・施工した飲食店がarchitecturephotoさんで記事になるということで、短い文章と写真を寄せた。 architecturephoto.net - 以下、掲載されたもの以外の写真。やっぱりインテリア撮ろうと思うと、広角のレンズがいるなあと実感した。 - あ…