2018-01-19から1日間の記事一覧

180118

●清水さんの「実在への殺到」はとんでもない力作で、めちゃくちゃおもしろかった。とくに西田幾多郎論、これが最終章にあることで、全体の「読み直し」が読後に要求されるような気がした。まさに本の構成自体が、袋詰め・相互包摂的な構成となっている(マリ…