声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、アニメ、人類学等々について書いているブログです。

建築

JULY12,2018_建てることの権利について

○今月の『10+1』に掲載されている福尾匠さんによる論考「プロジェクション(なき)マッピングあるいは建てることからの撤退」がとてもおもしろかった。今月はヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館の特集で、選考段階でいろいろ問題があったことが記憶…

JULY8,2018_無題

○グラハム・ハーマンの『四方対象オブジェクト指向存在論入門』を改めて読んでいる。ハーマンの哲学を、一度どこかでまとめよう、まとめよう、、、と数年前から思っていて、今の今まで結局やっていないので、今週中にやってしまおうと思う。というのも建築界…

JULY1,2018_くうきのいれかえ

○先日の朝、空気の入れ替えをしようと思ってサッシュを開けたとき、この暑さで間違って早起きしてしまったのか、一匹のセミの鳴き声が聞こえてきた。日中はもう嘘みたいな青空なので、あぁ夏きたな、という感じなのだけど、日が沈むとまだ涼しいから、このセ…

JUNE29,2018_ビュスタモントとメリクリ

○蒸しかえるような暑さが続く。もう一回くらいまとめて雨が降ったりするのかな。去年の記事で「結露に近いような汗」と書いた日のことを思い出す。ちょうどいまくらいの気候だった気がするのだけれど、しかし今年は季節の進行が早いなと思う。 www.ohmura-ta…

JUNE24,2018_建築の日本展

○きのう森美術館で建築の日本展を、きょう近美でゴードン・マッタ=クラーク展をみた。 森美の展示は資料性がすごく高く、日本中からよくこんなに模型や図面を集めたなと感心した。はじめて目にする模型等もおおくて、とくに前半部分はとてもおもしろかった…

JUNE18,2018_ブロック塀

○大阪で大きな地震がありました。被害が大きくならないことを祈ります。 それと下の記事のことで、たいへんに痛ましい事故なのだけれど、しっかり配筋されていればこんなポッキリと折れることはないだろうと思う。ブロック塀を作る場合、住宅などの建築物と…

JUNE5,2018_部分的つながり②

○昨日の続き。ウセン・バロクの人々の儀礼における「図と地の反転」の基底にあるものはなんだろうか。 o-tkhr.hatenablog.com * * * ひとつは、各々のオブジェクトが「同じ素材」からつくられているという認識である。 まず、ワントアト盆地の住人は儀礼…

JUNE4,2018_部分的つながり①

※noteの方でまとめました https://note.mu/tkhrohmr/n/n6d373bb5d715 https://note.mu/tkhrohmr/n/nd99aae0c42a1 ///////////////////////////////// ○必要があってストラザーンの「部分的つながり」を読み直しているが、やはり圧倒的に面白い。特に後半の、…

MAY28,2018_H. F. マルグレイヴ

○研究室の助教である片桐悠自さんが翻訳に参加された「現代建築理論序説: 1968年以降の系譜」( ハリー・F・ マルグレイヴ+デイヴィッド グッドマン著, 澤岡清秀監訳, 鹿島出版会, 2018.5)を読んだ。1968年以降の建築理論を網羅的に、かつ実証的に整理されて…

MAY27,2018_ヴェンチューリについて

○R.ヴェンチューリの『建築の多様性と対立性』(1966) は建築をやっている人間にとって必読書のひとつなのだけど、ここで唱えられている「ダック[duck]」と「装飾された小屋[decorated shed]」というあまりにも有名な対立関係は、表層的にしか受け取られてい…

MAY17,2018_倉賀野へ

○高崎市倉賀野にて、プロジェクトの現場管理。コンクリート擁壁の型枠が取れたのだけど、なかなかいい感じだった。離れた位置に配置された擁壁の面をあえて揃えず(様々な要因が重なってそうしたのだけど)、位置と高さを10cmほどずらしたのだけど、これだけで…

MAY9,2018_倉賀野のプロジェクト着工

○高崎市の倉賀野で進めている住宅のプロジェクトが、本日着工した。今回は外構の整備だけなのだけど、今後は住宅兼事務所のボリュームを増築したり、既存建物(母屋)のリノベーションをおこなったりと、数年かけて少しずつ手を入れていく息の長いプロジェクト…

MAY5,2018_神保町の建築系書店

○昨日上野で大学の同期と飲んだのだけど、その前にルドルフ・ウィットカウアーの「ヒューマニズム建築の源流」という本を探しに、神保町へ寄っていた。この本、建築理論をやる上では結構重要な本なのだけど、中々売っていない。うちの大学の図書館には置いて…

APR.26,2018_ノアビル/横浜風の塔

○白井晟一設計のノアビル。 ○伊東豊雄設計、横浜風の塔。 (Canon AE-1 Program, Canon FD 50mm F1.4, Kodak PORTRA 800) 書籍用に撮影。どちらも楕円型の平面で、かつ都市に立つ建物だけど(風の塔の方は換気塔+αだが)、白井さんのノアビルは必要以上に重厚で…

APR.20,2018_中平卓馬について①

○けっこう前のことだけど、渋谷のCASE TOKYOで中平卓馬の個展『氾濫』をみてきた。 1938年に東京で生まれ、2015年に亡くなった写真家で批評家の中平卓馬。同展で紹介する作品『氾濫』は、1974年に東京国立近代美術館で開催された『15人の写真家』展に中平が…

APR.18,2018_Treform

○新大塚駅から歩いてすぐのところに、西沢立衛、千葉学、小川晋一という、著名かつキャラの濃い建築家三名による「Treform」という集合住宅がある。下の写真にちらっと写っているのはその建物。ひとつの建物を複数の建築家が共同する建物は日本だと割と珍し…

APR.6,2018_図4 建築のスケール

○昨年からずっと準備してきた書籍が、本日発売されました。「図4 建築のスケール」という本で、編集及び執筆を担当しました。本書の概要と使い方(読み方)に関して書いていこうと思います。 図4 建築のスケール 作者: 図研究会 出版社/メーカー: 東海大学 発…

MAR.30,2018_幾何学の起源

○中田光雄の『現代思想と〈幾何学の起源〉 超越論的主観から超越論的客観へ』を読んでいる。幾何学をあつかった哲学者といえば『幾何学の起源』のフッサールが思い浮かぶけれど、実はミシェル・セールも同名の『幾何学の起源』という本を書いていたりする(こ…

MAR.23,2018_氷見市海浜植物園

○氷見市海浜植物園(設計: 長谷川逸子)へ行ったときの写真。あいにくの雨だったけど、雨の日の温室もなかなか良かった。

180304

●フェリックス・キャンデラの建築の幾何学をひたすら生成しているYoutubeチャンネルをみつけた。シェル構造がなめらかに生成されていく様は見ていて気持ちいい。キャンデラの展示をやったときの動画だろうか。下の一番目の動画の「バガルディ瓶詰工場」は31m…

180207_わたしたちの家

●清原惟監督の「わたしたちの家」を、渋谷のユーロスペースでみた。とてもおもしろかった。 http://www.faderbyheadz.com/ourhouse.html youtu.be 2つの物語が「同時」に同じ家で進行することが、この映画の構成における骨子となっている。2つの物語は異なる…

171016

●一日ほとんど、研究に関わる書籍の翻訳に費やしていた。Pier Vittorio Aureriという人が執筆した「The Possibility of an Absolute Architecture」の一部のテキストと、彼が編集した「The City as a Project」という本に掲載されている、Christopher C. M. …

171015

●「アウトレイジ最終章」みてきた。映画の雰囲気は、特に後半が「ソナチネ」に近い感じで、前作・前前作とは少し方向性が異なるかもしれない。何を書いても多分ネタバレになるから、内容に関してはこのくらいで自重しておこう。でも、本当におもしろかった。…

170929_瀬戸内旅行記最終回

●瀬戸内で撮った写真⑱。最終日(9月3日)のつづき。ようやく最終回です。 ●前回のラストでとりあげた、シーラカンス設計の『アストラムライン新白島駅』のすぐそばに建っているのが、大高正人による『基町高層アパート』だ。大高の設計といえば、9月15日の「瀬…

170925_広島逓信病院

●瀬戸内で撮った写真⑰。9日目、いよいよ最終日(9月3日)。この日は早朝から行動し、広島でまだ見ていない建築をあらかた見学していく。 ●まずは、山田守による『広島逓信病院』。京都タワー、日本武道館、東海大学キャンパス計画等の設計で知られる山田の、初…

170924_ 厳島神社

●瀬戸内で撮った写真⑯。8日目(9月2日)。 ●この日は学会での発表が朝一であったため、早起きして広工大へ。10時からの発表を淡々とこなし、午後いっぱい、歴史・意匠の発表を聞いてから、宮島へむかうことにする。広工大と宮島はけっこう近くて、楽々園から宮…

170923_お好み焼き

●瀬戸内で撮った写真⑮ ●7日目つづき。呉市をあとにして、市内へ戻り、三分一博志設計の『WoodEgg お好み焼館』へ。道中、ミニ厳島神社を発見、、(小己斐島という場所みたいです)。 ●『WoodEgg』は、オタフクソース社が運営している建物で、お好み焼きに関す…

170921_呉南特別支援学校

●瀬戸内で撮った写真⑭ ●7日目(9月1日)、広島市のドミトリーからスタート。学会の会場である広島工業大に少し顔を出してから、建築見学へ。ぼくの発表は次の日なので、この日はフリーで行動できた。この日の第一目標は、呉市にある『広島県立呉南特別支援学校…

170920_三次市→広島市

●瀬戸内で撮った写真⑬ ●6日目つづき。三次市民ホールをあとにして、『奥田元宋・小由女美術館』へ。遠藤湖舟さんの写真の展示をやっていたので、それを見る。 ●この美術館の設計は、残念なことに今年の8月に亡くなってしまった、柳澤孝彦さんによるものだ。…

170919_三次市民ホール きりり

●瀬戸内で撮った写真⑫ ●6日目(8月31日)。大三島を出発して、いよいよこの日から、広島に突入。 ●広島市へ行く前に、三次市へ。青木淳設計の『三次市民ホール きりり』を見学。1000席の大ホールがプログラムの中心なんだけど、隣接する川の洪水の可能性が報告…