声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

170528 パリで撮った写真②

ポンピドゥー・センター。噂通り広場が素晴らしい。あと常設展がとても充実していて、一日じゃ見きれない内容だった。ちなみに広場の勾配は低いところで1度。そこから6度まで勾配が上がっていた。1977年にこれができているという衝撃…

行ってみて、やっぱりこの建物が面白いのはパリのまちなかにあるからだよなぁと思った。パリの、石造の建物ばかりの中にこれがふっと立ち現れることに、ある種の解放感がある。でも、そこまで暴力性というか、異質感というものは強くなくて、意外と上品というか、プロポーションやフレームのスケールとか、かなり街に配慮して設計されている感じ。「レトロ・フューチャー」的な、少し懐かしい感じはなんなんだろう。

 

f:id:o_tkhr:20170522230516j:plain

 

f:id:o_tkhr:20170522231644j:plain

f:id:o_tkhr:20170522231654j:plain

f:id:o_tkhr:20170522231705j:plain

(Pompidou Centre, 1977, Renzo Piano and Richard George Rogers)

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, Kodak PORTRA 400)

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ