声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、アニメ、人文学等について書いている備忘録です。

170621

柏市に引っ越したのは今年の4月のこと。それまでは大学の近くの流山市に住んでいた。引っ越しのときに決め手となったのは、近くにパン屋があるかどうかだった。焼きたてのパンが気軽に食べられるかどうかで、日々の生活の豊かさは結構変わる気がする。パン屋の有無は自分としては結構重要なポイントなのだった。

●朝起きたら、朝ごはんを買いにパン屋まで散歩して、道中の写真を撮ったりしている。一時期は狂ったように毎日クロワッサンを食べていたけど、最近は買っていない。パリで散々食べたからか。このパン屋さんは「ブーランジェリー・ウルウール」という店なんだけど、ウルウールさんはチャバタがおいしいパン屋さんだ。「チャバタ」とさも当然のように書いたが、ぼくがチャバタの存在を知ったのはこのお店でパンを買うようになってからだ。チャバタってなんだ、って最初は買うのを躊躇していたものだが、いざ買ってみるとモッチリしていて、とても美味しかった。プレーン味にハムやサラダを挟んでもおいしいのだけど、ウルウールさんはベーコン入りやオレンジピール入りなどの、いろんな味のチャバタを展開している。オリーブとベーコンが入ってるやつが、個人的にはお気に入りだ。 

●6月に撮った写真⑨

f:id:o_tkhr:20170523202233j:plain

f:id:o_tkhr:20170523202236j:plain

f:id:o_tkhr:20170614133203j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, Bergger Pancro 400)