声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

171016

●一日ほとんど、研究に関わる書籍の翻訳に費やしていた。Pier Vittorio Aureriという人が執筆した「The Possibility of an Absolute Architecture」の一部のテキストと、彼が編集した「The City as a Project」という本に掲載されている、Christopher C. M. LeeのJ.N.L. Durandに関するテキスト。ある意味、雨が続く日々にぴったりの作業だ。アウレリは世界的にもいまかなり注目されている建築史・建築理論家だけど、「DOGMA」*1というグループでサーヴェイやコンペをやっていて、こちらも注目されている。というか多くの若手に現在進行形で影響を与えていると思う。Christopher Leeのほうも、設計でも面白いことやっていそうな感じ*2。海外に旅行にいったときに買い漁ったり、ネットで手に入れたりして、アウレリの著作物はだいたい手元にあるのだけど(「Log」に代表される雑誌系も含めて)、普通に日本語でも読むのしんどい部類の文章なので、一人ではなかなかきつい。それでも博士に進んだのだから、少しずつ読み進めていければなと思うところ。彼はこれほど影響力のある人なのに未だに邦訳がなく、ちょっと不便なんだけど、大手の出版社で翻訳本が2冊ほど進行しているところだと小耳に挟んでいるので、期待して待機中。

●10月に撮った写真③

f:id:o_tkhr:20171015120453j:plain

f:id:o_tkhr:20171015120506j:plain