声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

APR.18,2018_Treform

新大塚駅から歩いてすぐのところに、西沢立衛千葉学、小川晋一という、著名かつキャラの濃い建築家三名による「Treform」という集合住宅がある。下の写真にちらっと写っているのはその建物。ひとつの建物を複数の建築家が共同する建物は日本だと割と珍しいと思うのだけど、この作品に関しては3人の建築家が共同している意味はあまり感じられなかった。3人が各々設計したアパートがたまたま隣あっちゃったという感じ。しかし、各々の建築家がそれぞれに”棟”を担当するという役割分担でいくと、こうならざるをえないよなと思う。 

  たとえばジャン・プルーヴェとオスカー・ニーマイヤーの共同設計である「フランス共産党本部」という名作があるけれど、もうすこし役割分担をやわらかく混ぜていくことができれば、その役割分担の時点である創造的な共同性が設計できていれば、この建築は違ったかたちになっていただろうなと思う。  

 

f:id:o_tkhr:20180403203812j:plain

(Leotax K, LEONON 50mm F2, FUJICOLOR PRO 400H)