声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

NOV.22,2018_Contax S2

○さいきん撮った写真。モノクロは難しい。でもたまに使うと対象のフォルムに集中できて良い刺激になるなぁ。

f:id:o_tkhr:20181122112137j:plain

f:id:o_tkhr:20181122112124j:plain

 (Mamiya RB67 Professional, KL 90mm F3.5, ARISTA EDU ULTRA 400)

 

○実はこのフィルムを取り終えた数日後に、RB67は売却してしまった。というのも、ウエストレベルファインダーが苦手、ということがこの半年くらいで嫌という程わかってしまったからだ、、!!(憧れていたのだけど)。いやね、おもしろいはおもしろいのだけど、やっぱり自分の眼の位置を基準にするほうが向いているかな。あと結局スナップ的に撮ることが多いしね。ということでRB67は引き取ってもらい、アイレベルで使える中判カメラ(一眼レフだとバケペンくらいしか思い浮かばないけど)に持ち替えようと思ったのだった。しかし、狙いのバケペンは現在オーバーホール中とのことでその日には入手できず。

そのかわりといっては何なのだけど、現在使っている貰い物の35ミリ(Canon AE-1)の代わりにメインとして使える35ミリフィルムカメラをずーっと探していて、ちょうどお店に理想的なものがあったので、それをゲットしてしまった。ボディはコンタックスのS2、レンズはPlanarの標準レンズ。この日にこれまでちょこちょこ買っていて結局使わなかった中古カメラたち(レオタックスとか)も引き取ってもらったので、RB67とその他の売却価格+αの値段でコンタックスは入手できた。レオタックスとか、結構おもしろいカメラだったのだけど、メインとしては使えなかったからなぁ。バケペンはオーバーホールが終わり次第手に入れようと思う。倉賀野のプロジェクトでいただいたはじめての設計料は、結局カメラ関係に使ってしまいそうである。