声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

JAN.21,2018_家形と家型

 坂本さんのテキストをあらためて読みなおしたりしているのだけど、「家形」から「家型」への微妙な用語の変遷は、あらためてけっこう重要だなあとおもう。

 《代田の町家》(1976)の発表時にはまだ「家形」あるいは「家型」という言葉は用いられていない。それどころかこのプロジェクトはもともとRCで計画されていて(最初しったときはびっくりした)、ゆるい勾配の切妻かつ袖壁を備えたあの外形は、やむをえない事情で構造形式の変更を求められたさいに、木造住宅の持っている自然な存在様態を突き詰めていった先ににあらわれたものだった。

「代田の町家」は最初はRCで計画しましたが、ある事情で木造に変わった。RCのときはフラットルーフだったのですが、木造に変わっても、全体の構成はほとんど変わっていない。変わったのは、外形です。雨仕舞による勾配と木造がもっている自然な形態ですが、木造的軽さとも関係あると思いますし、軽さを含めての自然さとも言えますが……、またたまたまこの敷地の斜め前に、勾配屋根をもった教会があったものですから、ゲニウス・ロキとまではいわなくとも、いくぶんそうした土地の雰囲気に同化しようという考え方があったかもしれません。(……)家型という言葉にも多少の誤解があり、私としては、必ずしも勾配屋根をもっているから家型と言ったわけではなく、住宅がなんでもなくその場所に成立するあり方を突き詰めていったときに、そのように出現する住宅の形式に家の型という言葉をあてがったわけです。*1

《雲野流山の家》(1973)からの大きな変化として坂本さんが意識していたのはあくまで、入れ子状の構成から室が隣接する形式へ、という構成上の変化だったはずで、外形の問題はあくまで付随的な、竣工後に前景化してくる問題にすぎなかった。

 その後、1979年2月の『新建築』において《南湖の家》、《坂田山附の家》、《今宿の家》とともに発表された論考「家形を思い、求めて」ではじめて「家形」という言葉が登場する。しかしここでは「家形」が「家型」ではないことに注意する必要がある。坂本さんが後者の「家型」という言葉をはじめて用いたのは、1979年6月の『新建築』に掲載され『建築に内在する言葉』にも収録された論考「建築での象徴作用とその図式ーー両義的なことの内に」においてだ、とぼくは思ってたのだけど(『建築に内在する言葉』収録バージョンはそうなってるのだが)、よくよく『新建築』掲載時のテキストを確認してみると、ここで使われているのは「家形」であり、「家型」が初出するのはその次の言説「覆いに描かれた〈記憶の家〉と〈今日を刻む家〉」(1980)からである。「建築での象徴作用とその図式」での「家形」から「家型」への修正に関しては、おそらく『建築に内在する言葉』収録時に坂本さん自身が文脈に合わせて修正したのではないかとおもう。言語に使用にきわめて厳密な坂本さんらしいエピソードだし、両者の“使用方法”が、すくなくとも坂本さんのなかでは明確に分別されていることがわかる。そして1979年前後という時期が少なくとも、「家形」と「家型」が重ね合わされている狭間のタイミングであったということはいえるだろうとおもわれる。

 「家形」が“house form”、すなわち単に家のかたち自体を示しているだけでなのに対し、「家型」は“house type”であり、ここでは建築の元型としての〈家〉あるいは〈家のイメージ〉が問題となっている。この一般的には見逃されがちな「家形」から「家型」への用語の微妙な変化は、こういった意味のわずかな(かつ重大な)変化を明らかにしている。前者で重視されていたのはあくまでモノとして覆い=架構の自然なあり方や構成材の関係の仕方であったと思うが、後者ではイコノロジーも射程に入っているわけで。たとえば「家形」という用語を使用していた際には、家の外形をトートロジー的に表徴し〈機能性記号化〉することで、家のかたちが持っている二次的な意味の発生を抑えるという「意味の消去」の文脈で用いられていたと思うのだけど、「家型」の場合には、なんでもない家のかたちがステレオタイプとしての通俗性を持っていると同時に、人間の個別性を超えて存在する深層の構造をももっているという、文化人類学的な考察が含有されていた。

建築の外形の類型とは、私たちの祖先が自然界の、たとえば横穴の転用を超えて、原始的ではあっても人為的架構として家のために覆いをつくって以来、それと同時に現れたその覆いのかたち自体に、その覆いによって形成されている人の生活し、住まう家を投象し、かたちという具体的なものに〈人の住まう場〉という抽象的なことを結びつけた家のかたち、つまり〈家型〉を徐々に人の心の内に形成してきた、そうしたかたちと考えられる。このような祖先以来の〈人の住まう場〉を連想させるかたちを、ここでは元型(アーキタイプ)と呼んでいる。*2

 1980年のこのテキストでは、「家型」が単に架構の自然な状態を目指したものである(=「家形」)ということを超え、「〈住まう場〉の元型を表徴する覆いのかたち」であるとされる。「代田の町家」でやむをえない計画上の理由で採用された「家形」が、その後は思考の対象として明確に意識されるようになり、より図像学的な「意味」の次元での考察が進められていく、という展開。その狭間が1979年というタイミングであったことは、やっぱり重要だよなとおもう。おそろしく単純に表現すれば、1979年をさかいに「人間から見た世界」との真正面からの対決がはじまる、ということになるのだろう。それまでの坂本さんの創作の主調は、どちらかというと人間的な情緒を徹底して排除した先にある「建築性」なるものの追求、という面が強かった。非-人間(即物的なモノの世界)から人間へ(図像や意味の次元へ)、という主題の変化と、「家形」から「家型」へ、という用語の変化のあいだには本質的な関わり合いがある。

f:id:o_tkhr:20190126203436j:plain

△ 代田の町家, 1976

 坂本さんの設計活動は、ハイデガーが道具分析で指摘するところの「手許性」をいかに建築作品において全面化するか、ということで終始一貫している。それは「意味の零度」と表現されたり、「透明な器」と表現されたり、「環境としての建築」と表現されたりするのだけど、「家形」にしろ「家型」にしろ、そういった建築のありかたを目指して導出されたアイデアであることには変わらない。ただし「手許性」へと向かうアプローチの仕方が両者で全然違うのだ(「家形」は構成論的なアプローチ、「家型」は図像学的なアプローチ)。長くなりそうなので、続きは明日。

-

そのへんの素材をつかいきって庭をつくろうとしていることに感動する。

f:id:o_tkhr:20190122015658j:plain

Contax S2, Carl Zeiss Planar T* 1.7/50, FUJIFILM 業務用フィルム 400

*1:坂本一成+多木浩二: 対話・建築の思考,住まいの図書館出版局, pp.48-49. 1996

*2:坂本一成: 覆いに描かれた〈記憶の家〉と〈今日を刻む家〉ーー建築でのアイデンティティと活性化 / 建築の外形を例として, 新建築1980年6月号