声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

JULY.25,2019

 建築の場合、理論と呼ばれているものは小さな判断の次元において(現場での選択において)要請されるのであって、スタディのスタート時はもっと圧倒的に受動的でいいのではないかと最近は思う。具体的なかたちをあれこれ考える以前に、提案のおおまか道筋を照らすような理論というのは、たぶん存在しない。

 というのは寝る前のふとした思いつきなのだけど、ところで、来月はかなり忙しくなりそう。たぶんぼくの人生史上もっとも忙しくなりそう。忙しいのはいやだけど頑張ろうと思う。詳細はまた後ほど報告します。

-

f:id:o_tkhr:20190729133639j:plain

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm/F2.4, FUJI PRO400H