声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

NOV.2,2019_圓徳院

関西でとった写真⑤

 

 せっかくの京都だし寺とか庭もみておこうということで、まず三十三間堂へ。はじめてきました。とはいえ古美術とか古建築の知識全然ないぼくに書けることはほとんどない。でも少し前まではまったく興味がなかったのが(ゆえに行くべきところにほとんど行ったことないのだけど)、最近は興味は出てきたので、それは少し進歩していると思う。

 三十三間堂。うん、長い!!かっこいい!!

f:id:o_tkhr:20191020104145j:plain

 

 ほかにもいろいろみたのだけれど、知識も経験もほとんど足りていないため、他の寺や庭の感想は上記の三十三間堂の感想のような幼稚園児並みの感想しか書けないということもあり、割愛。ただ小堀遠州作庭の高台寺圓徳院。ここの庭はよかった。

f:id:o_tkhr:20191020104203j:plain

f:id:o_tkhr:20191020104208j:plain

f:id:o_tkhr:20191020104213j:plain

 圓徳院の北庭は規模がそんなに大きいわけではないのだけど、そのなかに無数の巨石が布置されているというもの。行けばわかるのだけど、この庭のテーマは重力だろうと思った。石のもっている圧倒的な重さが見事にキャンセルされるような軽やかな構成で、巨石から重さが脱略されると、不思議なことに目の前にあるそれが「小石」に見えてくる。そして目の前のそれが小石に見えると、自然に自分の身体は小石並みの大きさへと、小さくなってしまう。これがぼくが感じた圓徳院の北庭のもっている身体感覚やスケール、自分のパースペクティヴをゆさぶる仕組みだ。もちろんこのとき、石という対象がもっている大きくても小さくても形態が保存されるという特徴が効いているのだけど。

f:id:o_tkhr:20191020104218j:plain

f:id:o_tkhr:20191020104223j:plain

f:id:o_tkhr:20191020104228j:plain

f:id:o_tkhr:20191020104233j:plain

-

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm/F2.4, FUJI PRO400H