声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨Takahiro Ohmura

MAR.26,2020

 20年振りに歯医者にいってきた。めちゃくちゃ怖かったが、先週あたりからどうも左の奥歯が痛いので、観念していってきた。案の定、来院して10分で麻酔を打たれ、すぐさま削られてしまった。虫歯との長い戦いははじまったばかりだ。

 

 その帰り、スーパーによったらおいしそうな新ジャガが売っていたので、いまそれでマッシュポテトを作っている。あんまり固いものは食べたくないからね。ところで、すきな食べ物はなに? と聞かれるといつも困ってしまうのだけど(好きな食べものがないというよりは、嫌いな食べ物がないという感じで、カレーもハンバーグもポトフもカレイの煮つけも全部好きだけれど、どれかをとりわけ偏愛しているわけでもない)、多分ぼくはマッシュポテトが好きだ。味見をして確信した。これは好きだ。好物といってもいいのではないか。なんで気が付かなかったんだろう。

 うすうす気づいてはいた。とくに印象に残っているのは丸の内のコットン・クラブでたべたマッシュポテトだ。初めて食べたのは確か、ブレイアン・ブレイド・フェローシップのライブのときだった気がする。ブルーノートなんかもそうなんだけれど、まわりに豪華なディナーをとっている人がたくさんいるなかで、ぼくみたいなお金のないただ音楽を聞きにきた人は大抵コーヒーをちびちびと飲んでいるわけだけれど(ワンドリンク制なのでしょうがなく)、その日はどういうわけだか、たまたまマッシュポテトを注文して、そのあまりのおいしさに驚いたのだった。まわりの人たちが分厚い肉を食べているなか、俺はこれで十分だぜと思った記憶が鮮明に残っている。

 家にある粉のパルメザンチーズしかなかったのでこれを使ったけれど、もっといろいろと試してみるかいがあるように思われる。何チーズがいいのだろうか。あ、ちなみにすこしとろみをつけようと豆乳(無調整)をいれたのだけど、これは正解だったきがする。おいしい。

-

f:id:o_tkhr:20200328181526j:plain

Contax S2, Carl Zeiss Planar T* 1.7/50, 記録用 100