声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨Takahiro Ohmura

APR.22,2020_グリーンカレー

 おそらく多くの人にとってそうであるように、ぼくにとっても、在宅ワーク・研究中の唯一の楽しみといえば料理なのだ。最近のブログの話題を振り返るとわかりやすいけれど。裏を返せば料理を作ることくらいしか驚きに満ちた新鮮な体験が日常にないってことなんだけれども。

 今日は先日の買い出しのとき急に思いたってグリーンカレーの材料を買ったので、さっそく作ってみることにした。というのも、最近ひとり用のちいさなミキサーを買ったのだ。朝のフルーツジュース用にと思って手に入れたのだけど(2千円くらいでやすかったし)、これがあればポタージュとか野菜のペーストとか作れるなあとワクワクしていて、それで、今日はグリーンカレー。野菜をたっぷり入れてやる、と意気込んでスーパーを巡った。

 作り方はそこまで難しくない。あってるかわからないけど。まずスーパーで適当に見繕った野菜をミキサーにかける。ししとう(辛いの得意だったら青唐辛子)、たまねぎ、シャンツァイ、スイートバジル、生姜、にんにく。あと具材に買ったカブの葉っぱと、スパイスにクミンとコリアンダー(あわせて小さじいっぱいくらい)。撹拌すると見事にグリーンで匂い立つあやしげなペーストができあがるので、フライパンでじっくりと水分を抜いていく。別のフライパンで、カブを四等分したものをオリーブでソテーする。ちょっと焦げ目がつくくらいがいいと思う。カブが焼けたら、同じフライパンで鶏のもも肉を焼き付ける。こいつらを煮込んだペーストにぶち込んで、ココナッツミルク(チャオコーのやつを使った)とナンプラー、あと砂糖を少しだけ投入して再び煮込む。最後に塩としょうゆで味を整えたらできあがり。

 口に運んでみて驚いた。最近作った料理のなかでぶっちぎりで一番おいしかったからだ。こんなにおいしいものがうちの小さなキッチンから生成したということに神秘さえ感じるくらいにおいしかった。たらふく入れた野菜のうま味にあふれていて、ココナッツの味も口いっぱいに広がる。ミキサーは偉大だ。

 ところで、せっかくおいしい料理を作ってもフィルムカメラしかもってないので、良い感じをパッと撮ってアップしたりできない。iPhoneでもいいのだけど、なんとなく広角すぎて撮りたくない感じがする。料理の写真を取るためにデジカメを買おうかと、本気に悩んでいる今日このごろです。

-

f:id:o_tkhr:20200426200421j:plain

PENTAX 67, SMC TAKUMAR 6×7 105mm / F2.4, FUJI PRO400H