声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨Takahiro Ohmura

AUG.28,2020

 たまたま多摩川の河川敷に立ち寄ったら視界が突然ひらけ、風がびゅーっと吹いていて、遠くて少年たちが半裸でサッカーをしているということがあった。徐々に日が落ちて、視界が青くなり、電車の窓から漏れる光にも、青いところと青くないところがあるということが見えた。雲のながれが早く、星が動いているように見えた。人生のなかでもごく稀に訪れるような類の、奇跡的な時間だった。

f:id:o_tkhr:20200901230324j:plain