NOV.29,2020_old essays

 noteからの撤退作業が完了した。これまでnoteで公開していた記事はすべて以下のページから読めるようにしたので、よかったらぜひ!

www.ohmura-takahiro.com

 

 撤退といっても、ブログに書いたまとまった文章のいくつかをピックアップしているだけだったから、それほど支障がない。このブログは日記のようなものだから、過去のテキストや写真は過去の方へ、どこまでも流れていってしまう。それでいいのだけど、なんとなくアーカイブ化はしておきたいなと思い、noteを利用していた。でもはてなブログの「固定ページ」機能を使うとnote使う必要ないやん! ということに気付き、撤退にいたったわけです。

 とはいえ、ブログからnoteに移す段階で、文章を校正したり、構成を変えたりしていたから、その変更をもとの記事へフィードバックする作業がむっちゃ大変だった。どうしてもフィードバックできないもの(複数の日記をひとつの記事にハイブリッドしてるものなど)はしょうがないので、固定ページを作って対処した。移行にあたって改めて読み直すと、自分でもおもしろいなという記事がいくつかあった。以下の3つなど。

www.ohmura-takahiro.com

www.ohmura-takahiro.com

www.ohmura-takahiro.com

 読書の記録だったり、見に行った建築の感想だったり、たんなる日常での思いつきだったりと、記事にはなんの一貫性もない。現状はけっこうたくさんの記事をアップしているのだけれど(1年あたり10本くらい、記事をピックアップしてる感じかな)、今後はもう少し絞っていくかもしれない。下のストラザーンについて書いた文章は、ベースが修士の1年生のときに書いた日記だから、読んでてけっこう感慨深かった。

www.ohmura-takahiro.com

 OOOの前提となる議論をまとめたやつは、引用が多いということもあって文量が3万字前後あり、フィードバックがかなり大変だった。過去の自分の謎の熱意に軽い殺意を覚えたのはこのだけの話、、。

www.ohmura-takahiro.com

 このブログは備忘録的に書いているものなのだけど、肝心の自分の理解力が相当に低いので、自分が振り返って理解できるかたちで残しておこうと思うと、どうしても長くなってしまう。僕に文章を書く才能がないから、ということも、もちろんあるのだけど。未来の自分のための記録、という位置づけだから、長くてもとにかくわかりやすさ重視で(読んだときや訪れたときの「理解できた感じ」を極力言語化するようにして)、引用はできるだけ多くおこない、余計なレトリックは排除するようにしていて(自分の文を振り返ったときに一番恥ずかしくなっちゃうやつ)、それが今の文体につながっているのかなと思う。