水屋根 / Water Roof (Venue Design for “NOKEMONO”)

2021 会場構成
* GROUP

 

f:id:o_tkhr:20211231131842j:plain

f:id:o_tkhr:20211231193309j:plain

f:id:o_tkhr:20211231193437j:plain

f:id:o_tkhr:20211231193459j:plain

f:id:o_tkhr:20211231193333j:plain
photo: syuya aoki

「のけもの」は、予測不可能な他者としての気象や自然環境と向き合うことを主題とした野外美術展。会場は都心に建つ元中学校の屋上で、フェンスによる覆いをつくるため、山形の鉄骨フレームが屋上全体を包んでいる。雨が降り注ぐ状況でありながら上部に構造体があるこうした既存の状況に注目し、会場の空間構成を決定づける要素として、引張力のみで成立する巨大な水平面「水屋根」を構想した。
風によって巨大な布が呼吸をし、水車は回り続け、人間と水の根源的な関係性が叫ばれる。惑星規模の事物のネットワークが立体作品に織り込まれ、観客によってペットボトルが動き、会場をモチーフにした「むこうがわ」の映像がなめらかに、あざやかに発光を続けている。各々のリズムで、速度で、何もかもが動き、振動し、流れている。水屋根はそうした展示空間における観賞の句読点として、「動き」に対して「静止」を、「流れ」に対して「たまり」を提供しながら、気象条件に抗いながらも抗いきれない破断した均衡状態を形成することを試みている。

-

f:id:o_tkhr:20211231192505j:plain

f:id:o_tkhr:20211231192528j:plain

f:id:o_tkhr:20211231192619j:plain

f:id:o_tkhr:20211231190806j:plain

f:id:o_tkhr:20211231192747j:plain

f:id:o_tkhr:20211231192810j:plain

f:id:o_tkhr:20211231192829j:plain

f:id:o_tkhr:20211231201132j:plain

photo: Takahiro Ohmura

 

Water Roof
design and construction: GROUP
steel frame: studio HOHO
structural design: Tomomi Kimura

-

"NOKEMONO"
2021.10.29 - 10.31  Rooftop of a former junior high school, Tokyo

Graphic Design: Heijiro Yagi
Object: Daijiro Chiba / Asako Fujikura / Koichi Mitsuoka / Taichi Moriyama

Exhibition Space Planning: GROUP
Exhibition Title: Henguchi Yoshinori

Embroidered Cap: Nukeme
Exhibition Theme Song: Sarasa

Diviner: khay hitomi
Organizer: YOSHIDAYAMAR

eyescream.jp

bijutsutecho.com