声にだして読みたくなるブログ

大村高広丨建築と写真を中心に、音楽、映画、美術、人文学などについて書いている備忘録です。

富浦の寮 / Dormitory in Tomiura

2015

千葉県安房郡富浦町に立地する臨海合宿のための寮

 

f:id:o_tkhr:20180824172235j:plain

 

f:id:o_tkhr:20180825024656j:plain

 

f:id:o_tkhr:20180824172320j:plain

 

 

f:id:o_tkhr:20180824172143j:plain

 

 

f:id:o_tkhr:20180825031516j:plain

 

* * *

この建築は、夏の特定の数日間、子どもたちが臨海合宿で利用するためだけに建てられる。設計者としておこなったことは、プロジェクトの極めて限定的な使われ方にたいして、あくまで素直に、機能的なあるカタチをあたえることであった。たとえば、夏のある期間、ある時間帯だけに使用されるシャワー室。朝と昼に屋根裏が光り輝き、子供たちを目覚めさせる宿泊室。というようなかたちで。

結果として、6つの異なるキャラクターをもった形式が複合することになった。具体的には、シャワー室棟 / 会議室棟 / 食堂棟 / 2つの宿泊室棟 / 教員棟が、中心に置かれた無性格・無方向的なボリュームによって綜合される配置をとる。子供たちは、厳密なスケジュールに沿って行動することで、ある特定のリズムでこの形式群を経験する。時間の変化に対し建物が反応し、その反応が生活のスケジュールにぴったりと連動する。このときの子供たちの体験は、かつて浄土寺浄土堂で僧たちが経験したような、形式 / 運動 / 環境のリズムが連動することで生み出されるある種の高揚感に結びつくだろう。

プログラムにたいして機能的で、かつ素直な形式をとるほどに、その形態はより極端なものになっていく。この「極端さ」は、彼 / 女らがここでの経験を思い返したり、みなで思い出を語り合うときの、ひとつのフックになるものだ。複数の形式的空間は空間化した記憶となり、それらは記憶において、「生きられた家」を組み立てる。